Current time in Japan   
 
 
Login
Main Menu
TITMC News : Oct 26th 2016 #252
Posted by vppr on 2016/11/6 14:39:12 (102 reads)

252nd meeting (26th, October, 2016)

1)Ice Break session
All participants stood in a circle and spoke about each ideal holiday one after the other. One member said, 敵oing to Hawaii and relaxing is an ideal holiday. The other member said, 展aking up early and feeling the much time left on a day is an ideal holiday. One interesting member said, 鉄tudying English is recent my best holiday. We found that each person had each ideal holiday way.

2)English session
We started with the Word of the Evening. TM K.O. selected 組enuinely as this word. Speakers try to use the Word of the Evening in their speeches extemporaneously.

There was one speaker at English session today.
The title was 羨bout that resource? The contents are as follows:
The most important resource is water. Although Japan has sufficient water, we are importing much virtual water. If there is no water, we could do nothing.
This was very informative and thought-provoking speech.

3) Table Topics Session
TM K.S questioned 糎hat is your motto? Two answerers spoke about their own mottos in their life impromptu.

4)日本語の部
「今夜の言葉」は、英語の部と同じ「心から」ということでK.Oさんから提供がありました。

本日の日本語のスピーチは2名。

最初のスピーカーは、2年ぶりに再入会したR.Wさん。タイトルは「最強の声優」。
空手家のR.Wさん。空手の型を披露した後には、声優のオーディションを受けた時のパフォーマンスを披露。浅草での人力車のバイト、役者を目指している話と、話が多彩で面白いのが特徴。ブランクを感じさせず、且つ、聴衆の心を捉えてはなさないスピーチでした。

二本目のスピーチは、ベテランのK.Sさん。タイトルは「Another side of the earth」。ブラジルのアマゾンのジャングルの減少状況から、地球のを見方を考えるというコンセプト。宇宙戦艦ヤマトをモチーフにした会話形式を一人で実演しました。
スケジュール変更が発生し、突然のスピーチとなりながらも、内容が伴っているプレゼンテーションが出来ているということに一同驚きました。

5)表彰式
Best Speaker, Best Table Topics Speaker, Best Evaluatorが、参加者の祝福の元、発表となりました。
Best Speaker:T.Mさん
Best Table Topics:K.Oさん
Best Evaluator:F.Mさん

6)Business Session
2人の新入会者がありました。お一人からは、東京インターナショナルトーストマスターズクラブのアットホームは雰囲気に惹かれたとのコメントが有りました。まだまだ、入会者が増えそうな雰囲気です。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
The comments are owned by the poster. We aren't responsible for their content.
Upcoming Events
No Events