ただいまの時刻   
 
 
ログイン
メインメニュー
投稿者: vppr 投稿日時: 2017-5-3 11:28:23 (53 ヒット)

Meeting report of 26th,April 2017 .

日本語の部:

今回の例会は、Division C コンテストで英語、日本語各部門で
1位となり、5月のスピーチコンテスト全国大会に進まれる
お二人をスペシャルスピーカーとしてお迎えしました。
参加者24名(ゲスト7名含)の熱気あふれる例会でした。

今日のTMOE(Toastmaster of the evening)は、
我がクラブの会長でもあるTM A.O.。
ジョークを交えながら、終始和やかなムードづくりで
司会をしていたのはさすがでした。

今夜の言葉は、YM T.U.さんが紹介した「辣腕」。
なかなか普段使わない言葉ではありながら、
多くのメンバーが、今日のスピーチの中に
取り入れていることができた良い言葉の選択でした。

最初の準備スピーチは、Advance Manual「知らせるためのスピーチ」
のプロジェクトNo.2 ”お知らせするための題材”における
TM E.K.さんのスピーチでした。
「日本企業における女性管理職比率についての情報」
女性管理職について、他国との比率や推移のデータを示しながら、
なぜ、日本に於ける比率が伸びないのか、女性ならではの
視点での分析を交えながら、説明されていました。

このスピーチに対する論評を担当されたTM S.I.さんは、
TM E.K.さんが理由を具体的に説明していた事と、グラフが効果的に
使われていた事が、わかりやすさの要因であったと述べるとともに、
プレゼンテーションに用いた資料をさらに見やすく改善すると
効果的であると具体的なアドバイスをされました。

続いてのスピーチは、本日1人目のスペシャルスピーカー,
日本語スピーチコンテスト全国大会へのディビジョンC代表、
東京アメリカンクラブTMCのTM M.I.さんです。
十分な声量とダイナミックなボディランゲージは、
スピーチのお手本そのもので、ユーモアあふれるスピーチ内容
と相まって、瞬く間に聴衆をスピーチの世界に引き込んでいました。

Today's Results,
Best Speaker is TM Y.O.
Best Evaluator is TM H.S.

Thanks,
TM K.S.


投稿者: vppr 投稿日時: 2017-5-3 10:28:58 (52 ヒット)

【第264回例会レポート (2017/04/12(水)19:00〜21:00)】

Today TMOE was TM T.M.
He showed a 100 yen coin and it had a cherry blossom.
It's such a nice opening!

Today's world of the evening was "splendid". (by TM M.N.)
As the word was splendid, many people used "splendid".

Speech #1 (TM S.A.):
CC Manual: Project 2, Organize your speech
The title is "Salt of refreshing".

She talked about face washing by using salt. The story is about her daily
try-and-error story, but it included the deep message.
It remind me "boiled frog" theory. Let's try new things.

Speech #2 (TM J.S.)
CC Manual: Project 6, Vocal variety
The title is "No excuse".

He tried "vocal variety" speech. His role play between Carl and Risa was amazing.
Everyone understood his message, "Carl, no excuse!"

Evaluation was made by TM M.N. and C.Y.
TM M.N. pointed out 4 good points and suggested 2 improvements, it's really helpful for TM S.A.
TM C.Y. tried hard his English evaluation and did a great job. He showed a real no-excuse man.

日本語セッションの今夜の言葉はTM M.N.さんより「卓越した」でした.
こちらの言葉も使いやすく、多数のメンバーが使っていました。

スピーチ #3 (TM O.N.)
ACマニュアル: 聴衆を楽しませるスピーカー プロジェクト1 楽しめるスピーチ
タイトルは「眠り」

すぐにウトウト寝てしうまうというTM O.N.さん。家族からの指摘を受け、眠りについて調査。
調査結果をみんなに共有し、日本人はあまり眠らずに働くタフガイであると主張します。
でも家族に言わせれば、あなたはタフガイというよりハマグリかアサリね、という見事なオチで締めくくりました。

テーブルトピック(TM A.O.)
Q1.新入社員の前で話せる機会が与えれた時に何を一番伝えたいですか? 回答者:TM K.A.
Q2.あなたにとっての贅沢なことは何ですか? 回答者:TM R.I.
Q3.どこにでも引っ越せるとしたら、どこへ引っ越したいですか? 回答者:TM H.S.
Q4.仕事の行きまたは帰りにあなたは主に何をしていますか?  回答者:TM Y.O.

ワークショップ (TM C.Y)
Successful club series から Effective evaluation
まさに目からウロコ。次に論評するときには絶対役に立つワークショップでした。
特に、スピーチは3大目的があり、それぞれに応じた論評のポイントがある、というのが大きな気づきでした。

論評
TM K.S.さんより、深い洞察に基づく優しく包み込む論評が披露されました。卓越した論評でした。

今夜のベストテーブルトピックはTM H.S.さん、
ベスト論評者はTM K.S.さん、
ベストスピーカーはTM N.O.さんでした
おめでとうございます!

今夜は3名のゲストの方がいらっしゃいました。1名入会宣言いただきました。ありがとうございます!切磋琢磨していきましょう!
---
K.A.


投稿者: vppr 投稿日時: 2017-4-3 23:41:46 (90 ヒット)

第260回 例会の司会進行役はCさん 英語の部から始まりました。
3名のスピーカーが英語でスピーチをしました
それぞれのスピーチテーマは次の通りです
1.「Overcome the Distance」
2.「F2F Communication」
3.「The beginner」
素晴らしスピーチでした

後半は日本語の部です。
スピーカーは1名。タイトルは「受動禁煙禁止法」30分からなるマニュアルに挑戦されました。
トーストマスターズでは5〜7分くらいのスピーチから30分くらいのスピーチ(ワークショップスタイル)もあり、様々なシチュエーションでのスピーチに挑戦することができます。
さらに長いスピーチプロジェクトもあり、スピーカーのスキルに合わせ挑戦、トレーニングすることができます。

今日も充実した会でした。

レポーター K


投稿者: vppr 投稿日時: 2017-2-26 18:24:48 (200 ヒット)

■東京インターナショナルトーストマスターズクラブ 第258回例会記録■
【日時】2017/1/25(水) 19:00〜21:10 大井町きゅりあん
【出席者】計15 名(会員:11名、TMゲスト:1名、NonTMゲスト:3名)
【主要役割】
Toastmaster of the evening (TMOE):K.Sさん
計時係:S.Iさん/集計係:R.Yさん
GRAHCO:A.Oさん/例会レポート係:C.Yさん

今回の例会は、仕事や体調不良などで欠席となる会員が相次ぎ、一時は例会の開催が危ぶまれましたが、こういう時の役割のやり繰りは、忙しいビジネスマンが集まる東京インターナショナルクラブではお手の物。直前の役割割当てでも参加者同士で協力し合う文化は、今回も健在でした。
そして、我がクラブのレジェンド、「ミスター東京インターナショナル」T.Mさんによる、ノウハウ満載のスピーチワークショップも行われ、充実した例会となりました。


[President remarks (Today’s recommending Movie)] TM A.O
“The King’s speech”(「英国王のスピーチ」

[Word of the day](今日の言葉)TM E.K
(Eng) “Extreme/Extremely” (日本語)「気を取り直して」

[Preparation speech](準備スピーチ)
1) CC#4 “Finding Luck” TM G.K
There are 2 types of luck. One is uncontrollable, but the other is controllable.
For example, sports. One shoot brings to win a game. It may be by chance. However, the shoot must be based on a lot of practices and coaching. If there were not such processes, this luck would never happen.
I have simple formula, “Preparation + Opportunity = Luck”.

2) CC#3 「字をきれいに書くということ」 T.Uさん
 自身のメモや年賀状を見て、自分が字をきれいに書けていないことに気づいた。
 字が汚いと、誠意が伝わらない、性格がよくない、信頼されないなどの印象を相手に与えてしまいがち。
 なので、ボールペン字の本や新聞のコラムの書写で、字の練習をしている。
 日々の練習を重ね、いざというときに「よそ行きの字」が書けるようになりたい。

3) CC#2 「超訳『センスは知識から始まる』」 H.Sさん
 上司に「S君、センスないね」と言われ、「センス」とは一体何かを考えていたときに、「くまもん」のデザイナーの水野学さんが書いたこの本に出合った。
 本は、「なぜセンスが必要か」「そもそもセンスとは何か」「どうやってセンスを高めるか」説明するものであった。
 センスとは、「数値化できない良し悪しを判断し、最適化する能力」、つまり悪いものと良いものを判断する力。その判断基準を養うには、「普通」の状態を知ることが重要。

[Table topics](テーブルトピックス) TM R.W
1) What is your most impressive episode about Valentine's-day? (TM C.Y)
2) What kind of tools would you like to invent if you were "Dora-emon"? (TM E.K)
3) If you knew that your town was going to be hit by a meteorite tomorrow, what would you do? (TM Y.O)
4) What or who would you like to punch if you were "One-Punch-man"? (TM G.K)

[スピーチワークショップ] TM T.M
スピーチの方法を講義する教材「Better speaker series」の、「Selecting your topics」(スピーチのトピックを選ぶ)をもとに、T.Mさん秘伝のノウハウを交えたワークショップ。
 「個人的経験(personal)+客観的情報(public)+熟考=説得力&訴求力のあるスピーチ)の公式に、参加者の誰もが深くうなずいていました。
 後半では、ゲストを含めた参加者全員が2グループに分かれ、「ネタの見つけ方」「ネタの選び方・絞り込み方」について、会員・ゲスト分け隔てなく、白熱した議論が繰り広げられました。

[Evaluation](論評)
 1) TM T.M (for TM G.K’s)
Beneficial speech! Start of this speech was impressive. With very clear and simple organization, it was easy to understand. And his pace was also moderate, using short words and making pauses.
For his next speech, when he‘ll deliver dialogue or storytelling, I suggest him to avoid jargons (complicated expressions).

 2) Y.Oさん (T.Uさんのスピーチに)
  誠実さに貫かれた態度だった。構成が分かりやすかった。メモは持っていたが、極力使わない努力は伝わっていた。
  結論のポイントが2つあったようなので、絞った方がよい。また、「よそ行きの字」の表現は、説明を加えると聴衆が誤解せずに良い印象を持つと思う。

 3) C.Yさん (H.Sさんのスピーチに)
  インパクトのある出だしで聴衆を引き付けた。3つのポイントに要点をまとめる力や、トピックの提示直後に理由を示す構成も巧く、説得力があった。
  「本を読んでどう感じ、今後どう生かすか」や「本と比較して自分なりの『センス』の定義を提示する」など、自分の意見を結びに持って来ると、さらにセンスあるスピーチになる。


[General Evaluation](総合論評) E.Kさん
 例会の成立が危ぶまれており、TMOEのK.Sさんは調整に苦労されたと思うが、とても充実した例会だった。
 論評者は、それぞれ相手のことを考えている・感じたことを素直に伝えている・スピーカーにとって励みになる論評を行っていた。
 また、ワークショップは、次のスピーチ作りのヒントを得られる内容であった。


[Awards](表彰)
The Best Table Topics speaker : TM G.K
The Best Evaluator : TM C.Y
The Best Speaker : TM G.K
Congratulations!


投稿者: vppr 投稿日時: 2017-2-26 18:16:13 (175 ヒット)

2017/1/11 例会レポート

2017年初の例会。寒さもひとしおのこの時期、気持ちも新たに例会会場に向かいます。
ところが新年早々、体調不良やら急な仕事やらで例会に来られない人が続出!
ここぞクラブの力の見せ所とばかりに穴を埋めあって、無事に例会が始まりました。

今日の言葉は「1丁目1番地」。新年1回目の例会にふさわしい言葉を使いながら例会が進行していきます。

今日の1人目、2人目のスピーカーは新会員による初スピーチ。
1人目のTM Xは、母国語ではない日本語を器用に操りながら、母国である中国での経験、日本でこれから何をしていきたいかを語ってくれました。
はっきりした声や聴衆に問いかけなど、ポテンシャルを感じさせるスピーチでした。
それに対する論評(TM K)も、これまた論評が初めてというメンバーでしたが、ご自身の心で感じたことを自分のメッセージとしてスピーカーに伝えており、やる気を起こさせる論評でした。

2人目のTM Iは、人生に影響した本の紹介から、仕事での経験、ちょっと変わった英語の勉強法まで盛りだくさんなスピーチを披露してくれました。名前を間違えて呼ばれるというアクシデントにもアドリブで切り返しながらスピーチするなど、実直さとユーモアの両方を感じさせるスピーチでした。
論評者はベテランのTM O。「外人」を「外国人」に言い換えたスピーカーの実直さを取り上げるなど、いつもながらの観察眼に驚かされます。

3人目のTM Aは当クラブを代表するベテラン。雑談をしているかのようなリラックスムードなのですが、TM Aの仕事人生をたどっていく中で意味ありげなスピーチタイトルの意味が徐々に分かっていく構成は実に見事なものでした。
論評者はTM K。論評が難しいスピーチでしたが、聞き心地の良いスピーチの中にある構成の良さをしっかりと評価する分析力を感じる論評でした。


(1) 2 3 4 ... 38 »
今後の活動予定
  5月31日
合同例会
  6月14日
通常例会
  6月28日
通常例会