ただいまの時刻   
 
 
ログイン
メインメニュー
東京インターナショナルTMCニュース : 1月25日 第259回 通常例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2017-2-26 18:24:48 (294 ヒット)

■東京インターナショナルトーストマスターズクラブ 第258回例会記録■
【日時】2017/1/25(水) 19:00〜21:10 大井町きゅりあん
【出席者】計15 名(会員:11名、TMゲスト:1名、NonTMゲスト:3名)
【主要役割】
Toastmaster of the evening (TMOE):K.Sさん
計時係:S.Iさん/集計係:R.Yさん
GRAHCO:A.Oさん/例会レポート係:C.Yさん

今回の例会は、仕事や体調不良などで欠席となる会員が相次ぎ、一時は例会の開催が危ぶまれましたが、こういう時の役割のやり繰りは、忙しいビジネスマンが集まる東京インターナショナルクラブではお手の物。直前の役割割当てでも参加者同士で協力し合う文化は、今回も健在でした。
そして、我がクラブのレジェンド、「ミスター東京インターナショナル」T.Mさんによる、ノウハウ満載のスピーチワークショップも行われ、充実した例会となりました。


[President remarks (Today’s recommending Movie)] TM A.O
“The King’s speech”(「英国王のスピーチ」

[Word of the day](今日の言葉)TM E.K
(Eng) “Extreme/Extremely” (日本語)「気を取り直して」

[Preparation speech](準備スピーチ)
1) CC#4 “Finding Luck” TM G.K
There are 2 types of luck. One is uncontrollable, but the other is controllable.
For example, sports. One shoot brings to win a game. It may be by chance. However, the shoot must be based on a lot of practices and coaching. If there were not such processes, this luck would never happen.
I have simple formula, “Preparation + Opportunity = Luck”.

2) CC#3 「字をきれいに書くということ」 T.Uさん
 自身のメモや年賀状を見て、自分が字をきれいに書けていないことに気づいた。
 字が汚いと、誠意が伝わらない、性格がよくない、信頼されないなどの印象を相手に与えてしまいがち。
 なので、ボールペン字の本や新聞のコラムの書写で、字の練習をしている。
 日々の練習を重ね、いざというときに「よそ行きの字」が書けるようになりたい。

3) CC#2 「超訳『センスは知識から始まる』」 H.Sさん
 上司に「S君、センスないね」と言われ、「センス」とは一体何かを考えていたときに、「くまもん」のデザイナーの水野学さんが書いたこの本に出合った。
 本は、「なぜセンスが必要か」「そもそもセンスとは何か」「どうやってセンスを高めるか」説明するものであった。
 センスとは、「数値化できない良し悪しを判断し、最適化する能力」、つまり悪いものと良いものを判断する力。その判断基準を養うには、「普通」の状態を知ることが重要。

[Table topics](テーブルトピックス) TM R.W
1) What is your most impressive episode about Valentine's-day? (TM C.Y)
2) What kind of tools would you like to invent if you were "Dora-emon"? (TM E.K)
3) If you knew that your town was going to be hit by a meteorite tomorrow, what would you do? (TM Y.O)
4) What or who would you like to punch if you were "One-Punch-man"? (TM G.K)

[スピーチワークショップ] TM T.M
スピーチの方法を講義する教材「Better speaker series」の、「Selecting your topics」(スピーチのトピックを選ぶ)をもとに、T.Mさん秘伝のノウハウを交えたワークショップ。
 「個人的経験(personal)+客観的情報(public)+熟考=説得力&訴求力のあるスピーチ)の公式に、参加者の誰もが深くうなずいていました。
 後半では、ゲストを含めた参加者全員が2グループに分かれ、「ネタの見つけ方」「ネタの選び方・絞り込み方」について、会員・ゲスト分け隔てなく、白熱した議論が繰り広げられました。

[Evaluation](論評)
 1) TM T.M (for TM G.K’s)
Beneficial speech! Start of this speech was impressive. With very clear and simple organization, it was easy to understand. And his pace was also moderate, using short words and making pauses.
For his next speech, when he‘ll deliver dialogue or storytelling, I suggest him to avoid jargons (complicated expressions).

 2) Y.Oさん (T.Uさんのスピーチに)
  誠実さに貫かれた態度だった。構成が分かりやすかった。メモは持っていたが、極力使わない努力は伝わっていた。
  結論のポイントが2つあったようなので、絞った方がよい。また、「よそ行きの字」の表現は、説明を加えると聴衆が誤解せずに良い印象を持つと思う。

 3) C.Yさん (H.Sさんのスピーチに)
  インパクトのある出だしで聴衆を引き付けた。3つのポイントに要点をまとめる力や、トピックの提示直後に理由を示す構成も巧く、説得力があった。
  「本を読んでどう感じ、今後どう生かすか」や「本と比較して自分なりの『センス』の定義を提示する」など、自分の意見を結びに持って来ると、さらにセンスあるスピーチになる。


[General Evaluation](総合論評) E.Kさん
 例会の成立が危ぶまれており、TMOEのK.Sさんは調整に苦労されたと思うが、とても充実した例会だった。
 論評者は、それぞれ相手のことを考えている・感じたことを素直に伝えている・スピーカーにとって励みになる論評を行っていた。
 また、ワークショップは、次のスピーチ作りのヒントを得られる内容であった。


[Awards](表彰)
The Best Table Topics speaker : TM G.K
The Best Evaluator : TM C.Y
The Best Speaker : TM G.K
Congratulations!

印刷用ページ このニュースを友達に送る
今後の活動予定
予定なし